top of page

FREEDIVING

CONSTANT

一息で潜る深さ

​106 m

RECORD

​RECORD

日本記録

2023年 7月   CWTB 90m (バハマ / 世界大会 )     New

2023年 7月   CWTB 85m (バハマ / 世界大会 )     New

2022年 1月   DYN 216m (東京 / 記録会 )   

2021年 10月 CWTB 83m ( キプロス / 国際大会 )

 

2017年 5月 CWT 100m ( バハマ / 国際大会 ) 

 

2016年 9月 DYN 197m  ( ギリシャ / 世界選手権 )

 

2016年2月 STA 7分32秒 ( 東京 / 記録会 )

           4月 CWT 94m ( バハマ / 国際大会 )

                   CWT 97m ( バハマ / 国際大会 )

                     CWT 99m  ( バハマ / 国際大会 ) 

 

2015年12月 STA 6分48秒  ( 東京 / 記録会 )

 

2012年 9月 DYN 189m  ( フランス / 世界選手権 )

 

2011年10月 STA 6分32秒  (イタリア / 世界選手権 )

 

2010年7月 STA 6分13秒 ( 沖縄 / 世界選手権 )

                    DYN 177m  ( 沖縄 / 世界選手権 )

 

2009年 8月 DYN 163m    ( デンマーク / 世界選手権 )

        DYN 173m ( デンマーク / 世界選手権 )

​世界記録

2017年 5月 CWT103m (バハマ / 国際大会)

2018年 7月 CWT106m (バハマ / 国際大会)

HISTORY

HISTORY

2023 CWTB 種目日本記録を更新する。

7月       国際大会 「Vertical Blue 2023」(バハマ)  CWTB 90mを記録し、女子日本記録を更新

6月       世界選手権大会 「AIDA Pool World Championship 2023  」(韓国)  日本代表出場 4位入賞

3月       国際大会 「 Taiwanese Cup2023  」(台湾)  CWTB 83m で日本記録を更新 2位入賞

2022 DYN種目で念願の200mを達成。日本記録を更新する。

1月        国内記録会「Truenorthプール記録会」(東京)   DYN 216m 女子日本記録を更新

 

 

2021 世界大会「Vertical Blue」個人3位

7月       国際大会 「Vertical Blue 2021」(バハマ)  CWT-103mを記録し、 3位入賞

 

 

2019 世界選手権大会  個人優勝

8月    国際大会 「AIDA Caribbean Cup 2019」(ホンジュラス)  出場

9月    世界選手権大会(海洋) AIDA Depth World Championship 2019  

       CWT-101m を申告し暫定一位。101mに到達し浮上するもダイブ浮上後の身体容体により結果審議される。

       一度は白判定を取り消されるが、プロテスト( 異議申し立て )申請し、最終結果にてCWT女子優勝を獲得する。

 

 

2018 2度目の世界記録を更新する。

7月    国際大会 「Vertical Blue 2018」(バハマ)

       2個目の世界記録 ( CWT-106m ) を樹立する。
      その翌日にまたしてもイタリアのアレッシア・ゼッキーニ選手がCWT-107mに成功し、新たに世界記録が更新される。

       CWT-107mの記録に挑戦するも浮上中にブラックアウトし失格となる。

 

 

2017 始めての世界記録を更新する。世界史上2人目の100m超え達成選手となる。

4月  国際大会 「Vertical Blue 2017」(バハマ)

     世界女子史上2人目となる-100m潜水に成功、念願の世界記録を獲得する。

     CWT-103m に成功し初の世界記録を樹立する。

     その直後にイタリアのアレッシア・ズッッチー二選手がCWT-104mに成功し、新たに世界記録が更新される。

 

 

2016 世界最高峰の海洋大会「Vertical Blue」初の海洋種目での日本記録を更新。

2月     TrueNortフリーダイビングスタティックチャレンジカップ in 西葛西 (東京) STA種目日本記録更新(7'03")

4月     国際大会 / Vertical Blue 2016 (バハマ) 

     CWTアジア・日本記録を大会中に3度更新する。(-94m / -97m / -99m ) CWT種目優勝

9月     AIDA FreeDiving Team WorldChampionships (ギリシャ)

    日本代表チーム「人魚ジャパン」のメンバーとして再び総合優勝に輝き、3度目の世界大会優勝を果たす。
    DYN種目 日本記録を更新する。(DYN197m)

 

2015 国内戦で日本記録を更新する。

4月   11th フリーダイビングインドアカップ2015 (館山) 総合優勝

5月   国際大会海洋 / 「Caribbean Cup 2015」 (ホンジュラス) 総合準優勝

9月   AIDA Depth World Championship (キプロス)  準優勝 ( FIM種目 -76m)

12月    TrueNortフリーダイビングスタティックチャレンジカップ in 西葛西 (東京) STA種目日本記録更新(6'48")

 

 

2014 世界選手権 銀メダル獲得。惜しくも3連覇を逃す。

5月   10th フリーダイビングインドアカップ2014 (館山) 総合準優勝

9月      AIDA FreeDiving Team WorldChampionships (イタリア)

      日本女子チーム「人魚ジャパン」として3連覇を狙うが、チェコにつづき準優勝に破れる。

11月 国際大会「VerticalBlue 2014」(バハマ)  CWT -82mまで自己ベストを伸ばす。

 

 

2013 海洋種目を練習し始める。

6月    AIDA Pool WorldChampionship 2013 (セルビア) 

       DYN日本記録アテンプトレースに参加するが200mで浮上後ブラックアウトし失格になる。

11月  国際大会「VerticalBlue 2013」(バハマ) 

       日本代表選手以外で国際大会に初めて参戦する。CWT-65m

 

 

2012 団体戦世界選手権にて金メダル2連覇の快挙

7月    DEEP WATER CUP 2012 沖縄 

    STA部門優勝 / 総合準優勝

9月      AIDA FreeDiving Team WorldChampionships (イタリア)

      日本代表チーム「人魚ジャパン」結成。日本女子史上2連覇となる総合優勝を果たす。
      DYN種目で日本記録を更新する。(189m)

 

2011 世界選手権大会にて銅メダル獲得

5月    7th フリーダイビングインドアカップ2011 (館山) STA部門優勝

10月  AIDA Pool World Championship 2011 (イタリア) STA部門3位入賞

 

 

2010 世界選手権にて団体優勝。日本人初の金メダルを獲得

6月    AIDA FreeDiving Team WorldChampionships (沖縄)

       日本で初めて行われた世界選手権にて、日本史上初となる世界大会総合優勝を果たす。

       2種目で日本記録を更新する。( STA 6'13" / DYN177m )

12月 フリーダイビングインドアカップin関西 総合優勝

 

 

2009 始めて日本代表選手として世界大会に出場、初めての日本記録獲得。

8月   「AIDA Indoor WorldChampionship 2009」 (デンマーク) 

     初のプール世界選手権初出場。DYN 種目で初の日本記録を獲得する。 (DYN173m)

11月 「AIDA Depth WorldChampionship 2009」(バハマ)
     初の海洋世界選手権出場。CWT -50m

 

2007     フリーダイビングを始める。始めての記録会に参加する。

7月22日  初の海洋公認記録は CWT-35m (BigBlue第1回公式記録会)

12月16日   初のプール公認記録は DYNB 99m (フリーダイビングインドアカップin関西)

MEDIA

MEDIA

MAGAZINE


TBS      炎の体育会TV   2012/12/15
日本テレビ  24時間テレビ 「愛は地球を救う」  2015/8/23

J SPORTS 3  世界、頂!日本代表応援TV  2016/2/4

テレビ東京   モヤモヤさまぁ〜ず2  2016/4/17
​日本テレビ  ヒルナンデス「ある世界で大成功!一体何者?!」 2020/10/28

​RADIO

ニッポン放送  辛坊治郎ズーム そこまで言うか! 2017/7/8

東京FM    「中西哲生のクロノス(クロノスPLUS)」2015/7/17

NEWA PAPER
 

毎日新聞 千葉(夕刊)/ WEB「20分間の世界女王」 

WEB 

NumberWeb 「アジア初の世界選手権、沖縄で日本が悲願の達成。」2010/8/17 ▶︎

NumberWeb 「ニッポンの女子が偉業達成。フリーダイビングで世界連覇。」2012/10/7 ▶︎

SONY WALKMAN WEEKLY MAGAZINE 「ダイビング金メダリストがウォークマンと共に日本記録に挑む!」2013年5月3日号 ▶︎

DIVER ONLINE 「マーメイド目線を疑似体験!」▶︎

朝日新聞 デジタル女子アスリート応援団「素潜りで水深100メートルの海の底へ」▶︎

FINEPLAY  独占インタビュー  ▶︎

MAGAZINE 

月刊ダイバー 2012年11月号
月刊ダイバー  2013年1月号
MarineDiving  2013年7月号

週刊新潮   「世界3連覇を目指す人魚JAPAN」2013年9月4日号
月刊ダイバー 「世界大会メダリスト廣瀬 花子さんにフリーダイビングを学ぶ」2015年3月号
月刊ダイバー 「フリーダイビング-103mの快挙!廣瀬花子インタビュー」2017年8月号

SPONSOURS

SPONSOURS

TUSA Sports / 株式会社タバタ

TUSA Sports / 株式会社タバタ

ゴルフ、水泳、ダイビングなど様々なレジャーシーンにおいて最良の製品を提供する株式会社タバタの『TUSA Sports』は、スキンダイビング、スノーケリング専門ブランド。は充実した製品展開と共に、誰もが気軽で安心なマリンレジャーを楽しめる環境つくりを提供している。同ブランドのフリーダイビング専用マスクをトレーニングで愛用させて頂き、2017年よりアンバサダーとしてカタログモデルや、製品PRを務めさせて頂いています。
WEB / https://snorkeling.jp/tusasport

IMG_4652.jpg

World Dive / ワールドダイブ株式会社

ワールドダイブ株式会社

ダイビング用ウエットスーツ、ドライスーツはもちろん、全てのマリンレジャースフィールドで安心・快適なマリンライフを提供するウエットスーツブランド。こだわりの国内自社工場で最高の職人達が手がける最上のクオリティは、その名の通り世界の海で通用するスーツを生んでいる。2017年度よりアンバサダーに就任させて頂き、HANAKO監修のフリーダイビング専用スーツの開発をスタート。競技では最高の着心地と安心、信頼と共に中このスーツを着用することができ、HANAKOの世界記録ダイブパフォーマンスを支えてくださっています。

WEB / http://www.worlddive.co.jp

36263177_1797557500305891_33353294300661

アサヒ株式会社

アサヒ株式会社

「豊かな心と、確かな技術で明日を拓く」を経営理念に掲げ創業68年以上信頼を寄せ、国内外で展開を広めているエレクトロニクス企業。
●PC応用FA制御システム設計製作 /●公益事業、省力、省エネ、公害防止、等制御システム設計製作 /●マイコン応用電子制御システム設計製作/●各種プリント基板設計製作 / ●自社開発電子機器及び部品の設計製作 /●板金・製缶品設計製作 /●医療機器製造業修理業  2018年度よりスポンサー契約させて頂きました。
WEB / 
http://www.asahi-j.com

IMG_0666.jpg

FAVRE LEUBA

スクリーンショット 2019-08-26 21.42.52.png

ファーブル・ルーバは世界で2番目に長い歴史を持つスイスの高級時計ブランド。281年間、たゆまぬパイオニア精神、すばらしいクリエイティビティ―、そして優れた技術を持って新天地を開拓する意欲を持ち続けてきました。HANAKOは2018年度よりオフィシャルフレンドとしてアンバサダーに就任させて頂き、このパートナーウォッチ『ディープ・ブルー』と共に、未知の深みへと挑戦を続けていきます。

WEB / https://favre-leuba.com/jp

スクリーンショット 2018-11-03 19.26.57.png

​御蔵建設株式会社

御蔵島建設株式会社

東京都伊豆諸島「御蔵島」に在する唯一の建設会社であり、島内や林道の建設事業を担う。創業者はHANAKOの祖父。2018年度よりスポンサー契約をさせて頂きました。

img005.jpg

PARTNERS

PARTNERS

LAZY FISH

LazyFish

LazyFish = 『有能で優雅』。そんな水中パフォーマンスをもたらしてくれるMade in 台湾のフィンブランド。美しいデザインと最先端の技術、水中でのパフォーマンス力に魅せられ2018年度よりアンバサダーに就させて頂きました。2021年キプロス国際大会にて愛用のLAZYFISHフィンと共に潜り、-83mの日本記録を更新。

WEB / https://lazyfish.co/about/?lang=en

スクリーンショット 2018-11-03 20.17.18.png

Stream Trail Japan

images.png

ON・OFFを問わずアクティブライフを応援する商品を提供するライフスタイルブランド。アウトドアやスポーツなどにとって不可欠なウォータープルーフであり、利便的でスタイリッシュなバッグ を筆頭に、アウトドア、日常生活、旅先で役立つ小物や、快適な着心地のオリジナルデザイン衣類やキャップを展開する。HANAKは2016年よりブランドアンバサダーとして、遠征先へのバックパックや日々のトレーニング用バック、ライフスタイルのあらゆるシーンでStreamTrailバックを活用させていただいております。 WEB / https://www.streamtrail.tokyo/abouts

スクリーンショット 2018-11-03 19.26.33.png

ストレッチスタジオ SSS スリーエス浦安店 / 沖縄店

Unknown.jpg

『SSS(スリーエス)スタジオ』は、テレビなどでも活躍するドSストレッチトレーナー でお馴染みの、兼子ただしさん監修のストレッチの効果を最大限に追究し独自開発した「Kanekoストレッチ」。科学的にも効果検証を行い、安全性と即効性の高いストレッチをカラダのことを熟知した専門のトレーナーが行います。マッサージでは届かない筋肉の深層部へのアプローチで、根本的な原因を改善、解消し、解決から予防へと導きます。 

フリーダイビングに不可欠な、美しく機能的なカラダのコンディション作り、トレーニング前後のボディケアをサポート頂いています。

WEB / https://sss-kaneko.co.jp/shop/sss_urayasu/

スクリーンショット 2021-04-24 9.19.36.png

健美海LABO

自然の美

健康と美容と海を追求したエステサロン。

​日焼けで傷んだ肌のケアや、常設の酸素カプセルでトレーニング後の身体のメンテナンスをサポート頂いています。

フェイスマッサージ
GALLERY

GALLERY

bottom of page